機内食の選択が充実!バニラエア

短いフライトならば気にならない

お弁当と合わせたら1400円となり、地上だったら結構いいランチが食べられると思ってしまいましたが、空の上なので飲み物は高くても仕方がないのかもしれません。
子供たちはジュースを頼みましたが、こちらは200円と普通の値段でした。
それでもやっぱり物足りないというので、デザ−トを頼むことにしました。
普通だったらデザ−トの価格が高く設定されていてもおかしくないのに、デザ−トは本格的なトリフキケーキでも350円ぐらいだったのでとても良心的な価格設定をしていると思います。
子供が食べているのをみたら、自分も食べたくなって注文しましたが、味は本格的でしっとりとした食感を楽しむことができました。
今回はリゾ−ト地のセブ島へ行ったのですが、4時間余りのフライト時間はを食事をしたり、デザ−トを食べたりしてみんなで感想を言い合っているうちにあっという間に目的地に到着してしまいました。
他にはオリジナルグッズの販売等がありましたが、その販売が少ししつこいかな、と思いました。
全体を通してバニラエア機内食は、価格的にはマルですが、量が少し少ないかなといった感想を持っています。
でも、味がよかったのと、たくさんの選択があったのが嬉しかったです。
私は機内食は航空会社を選ぶうえで、かなり上の方にあるチェックポイントですが、短いフライトならばそれほど気にならないという人もたくさんいると思います。
そんな中でこれだけの選択肢があるというのは、結構がんばっているなという感じです。
大人も子供も選べるような選択があるし、サンドイッチなどの軽食もうまく取り入れられていると思います。
他のサ−ビスを総合しても、次回も利用してもいいかなというのが我が家の一致した意見です。

飛行機で楽しみなのはやっぱり機内食! : バニラエアは機内食が有料 : 短いフライトならば気にならない